傾聴トレーニング受講生募集

講師のご紹介

東京メンタルヘルス・スクエア「傾聴トレーニング」では、カウンセリングの現場で活躍中のカウンセラーが ファシリテーター、そしてスーパーバイザーとして皆さんをお待ちしています。

それぞれの経歴を簡単にご紹介します。

ファシリテーター

山本 立樹

労働の在り方に問題意識を持ち、大学院で臨床心理学を学んだ後に、東京メンタルヘルス株式会社とカウンセラーとして契約。

行政機関と就労支援機関を中心にカウンセリング及び研修を行う。

2015年4月から心療内科にてカウンセリングとリワークにも従事しており労働者のメンタルヘルスに取り組んでいる。

ファシリテーター

増田 千奈津

外資系IT専門会社でインストラクターおよび教材、プログラム開発を担当後、全国チェーンストアの人材開発担当エリア責任者として社員の人材育成、採用、労務管理を担当する。

その経験から、企業においての『人財』育成の重要性を痛切に感じ、講師およびメンタルヘルスカウンセラーとして独立。現在は年間約150日の研修・セミナーの実施と共に、自治体や企業での相談員やNPO法人東京メンタルヘルス・スクエアカウンセラーとして活動中。

スーパーバイザー

高畑 キヤ子

29歳の時、日本カウンセリングセンターにてカウンセリングを受ける。

更にカウンセラーへの道研修5年間を経て、都内婦人会館相談員4年、東京メンタルヘルス・アカデミー認定 心理 カウンセラーを得て、精神病院心理カウンセラーとして20年間従事。

個人カウンセリング・グループカウンセリング・心理セミナー等を実践。

現在もカールロジャースの人間観、ユングに学ぶカンファレンス、自分に気づくゲシュタルト療法等を学びながら、各地で実践中。

専門分野は、ゲシュタルトセラピー、個人カウンセリング。

【所属学会】日本産業カウンセリング学会日本精神保健社会学会